PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


06 | 2006/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.07.26  盗撮者 <<14:42


数年前の運動会の反省で、保護者に混じって

「盗撮者」らしき人物がいた、という報告があった。

あきらかに子どもの競技を楽しむでなく、

写真を撮ることが目的な人だったようである。


子どもの写真を盗み撮りして何が楽しいか、という考えは

昨今の変質者、不審者の数から見ても時代遅れの認識になっている。

ロリコンや盗撮の写真を楽しむ輩は、確実に存在するのである。


組み体操でのポーズ、ブルマや短パンの下半身・・・

保護者にまじっていれば、被写体には難なく近付くことができる。

無防備な学校では、ダンスの着替えを外でやってたりもする。


以前はこういった怪しい写真は、現像という「関門」があったために

それほど問題にはならなかったように思う。

今は違う。

簡単に写真が撮れて、第三者の目に触れないまま

自由に加工ができる時代なのだ。


夏、学校のプールの周りに、「囲い」が補強される。

盗撮を防ぐためだ。

子どもを護るということが、本当に難しくなっている。


運動会で一生懸命にビデオやカメラを撮っていらっしゃる親御さん、

隣の人は本当に子どもの記録として撮っているのだろうか?

ときには、レンズから目を離して、周りを見ていただきたい。

そして、記録だけでなく、実際にその目で見て、

子どもの姿をこころに残してみてはどうだろう。

そういう親が増えれば、「盗撮者」も、紛れ込むことができなくなるんじゃないかな。






No.76 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.07.25  学校敷地内禁煙 <<06:08


夏休み。

PTAも休み。

パトロールはあるものの、大きな活動はない。

私には宿題が・・・。

記念誌の原稿をまとめておかないと。


2学期早々に、運動会がある。

毎年、「喫煙」について話題になるのだが

ついに今年度、学校敷地内禁煙 のお達しが!


運動会が地域行事と関連している地域では

「おまつり」の感覚もあり、飲酒や喫煙は大目に見られるかもしれないが

運動会は学校行事。

子どもたちが一生懸命に、練習の成果を出す舞台でもある。

それを酒の肴に見るというのは、いかがなものか。

授業参観で、喫煙したり飲酒したりはできないだろう。

飲酒に関しては、早くから「禁止」にしてきた。

それでも、青空の下で飲むビールは格別なのか

赤い顔している父親が後を絶たない。(子どもの前で恥ずかしくないのだろうか)


煙草に関しては、学校の校舎内では禁煙、になっていた。

けれど、学校の先生って、ヘビースモーカー多いんだよね。

完全に禁煙、とまではなかなか至らず。

必ず、一箇所喫煙所を設けていた。

「喫煙所の清掃は、喫煙者がすべき!」

という私の意見で、喫煙所の清掃ボランティアを募り

「応募がくるわけないですよ」という教頭の期待(?)を見事に裏切って

こころあるお父さんたちが、毎年数人、運動会での喫煙所掃除を担ってくれた。


それが、今年は「全面禁煙」である。

喫煙所の清掃はしなくても良くはなったが

学校周辺、特に門の近くではどうなることか・・・。


子どもたちは学校の教えに従って

ルールもマナーも守るのに

大人たちはどうなんだろう。

せめて、学校行事で学校に来ているときぐらいは

紳士淑女でいてもらいたい。

運動会の前ギリギリまで、マナー向上を促す発信をしていかなくては・・。

まったく。

子どもより、手がかかる。





No.77 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.07.17  記念誌の企画 <<13:23


記念誌の名称と、今現在の学校の「ここがおすすめ!」を

アンケートで募集した。

いやぁ、面白い!!


62通の応募があって、名称は42通り。

票が集まった名前はわずかな数。

学校名をもじったもの、周辺の地名などを除いて

わりと多かったのは

かがやき、きぼう、こころ、つばさ、はばたき、ひまわり、まなざし など。

この中から、委員会で名称を決めていく。

何になるだろうなぁ?


「ここがおすすめ」ポイントは、きれいに票が分かれた。

複数回答OKだったので、書きやすかったようだ。

うちの学校は、グランドが2つあり、野球とサッカーが同時にできる。

それが一番の自慢。

以下、自然が多い、給食が美味しい、畑がある、図書室、PCルームが充実している、

子どもたちがのびのびと素直、縦割りで学年を越えて仲良し、・・・などがあがった。

かろうじて、ベスト10の10位に、PTAと先生のことが同じ票数で滑り込み。

これもなかなか興味深い記事になりそうだ^^


夏休み中に原稿を仕上げて

2学期はダッシュしないと。

周年記念行事が終わるまで、気が抜けません。



No.78 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.07.11  子どもの安全を守る <<13:48


CAPトレーナー 森田ゆりさんの意見陳述


衆議院・青少年特別委員会子どもの安全対策審議


ビデオライブラリーの条件検索:平成18年2月14日 会議名「青少年特別委員会」

3時間40分の収録のうち、森田ゆりさんの部分は18分程度です。

参考までに。



No.79 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.07.09  青少協の夏の行事 <<13:33


青少協の行事で、草を刈る。

9時集合だったのが、家を出る8時半頃から雨。

雨天は中止と告知していたので

人は集まらないだろうなぁ・・と思いつつ

会議はあるだろうと、20分徒歩で現地着。

案の定、役員だけが集まり、会議用にとっていた部屋でこれからの予定の話し合い。

と、雨がやんで晴れ間が・・・。

「これから夏休みですし、視界が悪いのは危険です。やっちゃいましょうか?」

というわけで、急遽、集まった役員だけで(9人)、ひどい箇所だけでも刈ることになった。


作業はじめには、パラパラと再度落ちてきた雨も

そのうちすっかりと上がり

かえって曇天のほうが暑くもなく、草刈は黙々とすすんでいった。


   kusa kusa


青少協の行事といえば、何か遊びのイベントを行うのが通例だったが

周囲の環境の保全も大事な活動じゃないか、ということで

今年初めて、草刈りを企画してみた。

これは毎年やってもいいかもしれない。

子供だけでなく、親子で参加してくれたらなお意義のあるものになるだろうな。

できるところだけでいい。 まずは始めてみること、だよね。

すっかりサッパリした道路際。

汗だくになったけど、いい一日になった^^


kusa   



No.80 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2006.07.07  夏休みのパトロール <<15:18


小学校の校外部の役員さんから電話があった。

毎年夏休みに、うちの地区は中学校の地区委員さんが作成した名簿をもとに

数人で当番になって、地区内をパトロールするのが通例だった。

ところが

「今年から、中学校はそのパトロールをやめて、地区役員さんだけでまわるそうなんです」

中学校の役員が主体でやってきたパトロールを

今年から、急にやめてもいいのだろうか、、という相談の電話だった。


このパトロールには以前からいろいろな意見があり

機械的に振り分けられた名簿なので、

小さい子がいる人はをうちに子供を置いてこなくちゃいけないとか

何人も固まって自転車でパトロールするのは、かえって危ないとか

あまり子供のいないような箇所がパトロールのコースになっているとか

そういった声は毎度起きるのだが

「中学校の役員さんがやってますので・・」ということで

毎年改善もなく、そのまま続けてきた、という感じなのだった。


電話をもらったとき、思わず「やった!ラッキー♪」と

声には出さなかったが、心のなかでガッツポーズをとってしまった。

中学校役員の縛りが取れた今、小学校の校外部役員の都合に合わせた

改良型パトロールができるではないか。


「私たち数人の校外部役員でどうするか決めてしまってもいいのでしょうか・・」

「いいと思いますよ!やりやすいように決めてください」

「今までやってきたものを急にやめるのは何ですし・・」

「そうですね。中学校のほうも、まるきりやめてしまうということでもないですものね」

「今までのやりかたではできないですよね・・」

「そうですね。地域をもっと分けて、少人数でご近所をまわる、という感じでもいいと思いますよ」

「あ、なるほど・・」

「小さいお子さんをうちに置いて安全パトロールはおかしい、という声もありますし」

「うんうん」

「たくさんの人数で自転車で広い範囲を走るのもかえって危ないですし」


もう早めに決めて、夏休み前に皆に告知しないと、ということで

電話は切れた。

今年の夏休みは、どんなパトロールになるのだろうか。





No.81 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。