PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.04.27  部長も決まった <<13:35



新年度のクラス役員の顔合わせ&部長決めが無事終了。
これで、4月中に行うPTA関連行事はすべてオシマイだ!
来月の第一回運営委員会から、新年度の活動がスタート。
これから一年間、PTA活動が続く。

学年部では、部長そのほかが立候補してくれたようで
積極的な部活動になりそう。
私が担当した厚生部は、立候補がなく
クジでの三役選出になったが、それもしかたない。
部会の日程を決めることひとつとっても
働いている人がほとんどなので、調整が難しい。
できることだけでいい、とは言われるけれど
それは時間のやりくりをして「できる」ことであって
本当に何もしないで「できる」ことは少ないのである。

私が副会長に初めてなったのは、15年度。
この年度と次の16年度に、かなり詳しいアンケートを行った。
今、またそのアンケート結果を読み返してみる。
この声にこたえるようにいろいろなことをしてきたな、と
改めて感じる。
いくつか抜粋。

・ PTAというと、やりたくない・避けたいというイメージ。やりたくなるような開放的な雰囲気を作ってほしい。やってる人がその人達の閉鎖的な輪を作って楽しんでるように感じる。一日お手伝いに行ったとき孤立感をとても感じた。

・ あまりにも役員さんの負担が大きいと思います。一年間の行事ごとに係りを決め、全員何かしらの手伝いをする様に分担すれば一人一人責任が生じ、参加できるのではないでしょうか。仕事している親が増えている今、改革すべきだと思います。

    参加する人、しない人が決まっている様では、いい感じはいたしません。決める際に親が来れないような人は、子供にくじなど引かせてもいいと思う。

 

・ PTAのあり方や、役割をもう一度考えて各部役員設定をしたらいいと思います。

    いろいろな考え方があると思いますが、本当に必要な活動内容がいくつあるのか、

    不要なものもあると思うので、検討をしていったらいいと思います。

・ すべてにおいて、本当に子供たちにとって必要なもの以外、もっと簡素化してもいいのではないでしょうか。仕事を持つ人、小さい子のいる人、どうしても苦手な人など役員はできなくても学校に中々行けなくても家でできる仕事(例えば雑巾作りとか)もあればPTAとして参加できる人もいるのではないでしょうか?

・ 他の学校から来られた方のお話を聞くと、働く保護者の多い中、一人でも多くの方にたずさわってほしいと工夫している学校もあるようなので、いろいろな意見を伺い、取り入れていくのも良いかと思います。

・ 役員は「一人につき一回やればお役御免」と思っている人が多いのが問題。

    6年の役員を決める時、誰一人として「もう一回やっても良い」と言う人がいなくて

    がく然!皆様多忙で仕方ないと思うけど・・・。PTA活動を根本的に変えるしかないのかな?あと、もうちょっとお父さんの参加があるといいですね。

・ 毎年5年生の学年部の役員が次年度の役員を決めるのに苦労します。保護者同士ではお願いするにも限界があります。何か良い方法がないものでしょうか。


理想はすべてがボランティア活動でまわること。
広報紙も、ベルマークも
サークル活動になるのが、一番いいと思っている。
だが、引き継ぐ人がいなくなれば
その活動は自然に消えてしまう。
それでもいいのなら
やっちゃいたいけど^^

お任せするところと、軌道修正と。
そのバランスをとるのが、総務の役目と心得る。



 

 

 





No.38 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.04.24  今年のベルマークは? <<09:48


新メンバーでの第一回総務会。
これからの総務の取り組みの方向や
数日後にある各部の部長決めの段取りを話し合う。

今まで総務の外からPTAを見てきた人の意見はとても貴重で、
それを足がかりに、改善するところを見つけたり
今回はどうしようか、と知恵を出し合ったり・・・

具体的にあがった問題のひとつ、ベルマークの集計活動。
平日に行われるので、お手伝いの係りの申し込みが少ない。
それで、昨年度は部員の案で年2回に回数を減らしたのだが
かえって一度に集まる人数が多くなり
それを仕切る部の負担が増えた。
各部の活動内容は、総務で指示するのではなく
その年の部員の実状に合わせてお任せしている。
だが、それではイカンのではないかという意見。
休日に学校の教室が使えないのであれば
学校近くの施設(公民館とか)を使い
父親も参加して行ってはどうか・・と。
毎回ではなく、そういう回があっても良いんじゃない、ということを
ベルマーク担当部に進言するのもアリではないか。
たぶん、こういう初めての試みは総務が最初はお膳立てするのが得策かもしれない。
「総務から言われた。やらされている」
こういう意識が、私としては一番避けたい。

ベルマークについてHPなどを見ていたら
今はいろいろな活動があるのだね。

関連して、こんな記事も紹介。
「ベルマークTシャツ」って何?by エキサイトニュース

さらにこんな本。
高井 ジロル
ベルマークのひみつ

これ、ネットで即購入してみた。
感想は後日。





No.39 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.04.21  PTA総会 <<05:51



平成19年度のPTA総会、無事終了。
総会前に新旧の総務本部役員の顔合わせをします。
以前は別の日に行ってましたが、何回も来校するのは面倒、ということで
ここ数年、総会前に顔合わせ&簡単な引継ぎを行うことになってます。
そのまま新役員さんは総会へ。
ここで承認され、候補者から現役の役員になるという手筈です。

以前は土曜日に開かれていたPTA総会も
週5日制にともない、平日開催。
もともと少なかった出席者は、それ以降さらに激減。
今回は中学校のPTA総会ともバッティングしたのですが
そのわりには例年通りの出席者数だったかも。

今回、任期を終えて総務をはなれる方は4名。
入れ替わりに4名の方々が役を引き受けてくれました。
「最初はどうなることかと思いましたが・・」
「とんでもないところに飛び込んだなあと」
旧役員さんの挨拶を、緊張の面持ちで聞き入る新役員さん。
新任の挨拶をカチコチで話す隣の新役員さんの背中を
大丈夫だよ!と、ポンッと叩きました。

いいメンバーが揃って頼もしい。
楽しく活動して、美味い酒を飲みましょう!
(飲んでばっかりじゃないんだけど)

来週はクラス役員の顔合わせ。
部長決めの日でもあり。
この難しい作業を手伝うのが総務の役目。
新役員さんの最初の仕事でもあります。
なるべくスムーズにいきますように・・・



No.40 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.04.14  六年生 <<06:11



年度最初の参観日&懇談会。
役員決めの日でもある。

旧学級長さんが昨年度のうちに手をまわして
だいたいの役員さんを決めているので
この日は何事もなく、「報告」だけで終わる事が多い。
学校によっては、この日に初めて決めるところもあるようで
転任されてきた先生たちは
悲壮な覚悟で懇談会をむかえるらしく
うちの学校のスムーズな役員決めに
驚き喜ぶ姿も見られたり。

末っ子は6年生。
この学年の役員決めは毎度大変である。
今回も役員さんは皆働いている方で
夜勤もあるんです、という人も。
必ずひとりの子供につき一回という原則はあるだろうけど
どうしてもできない、という人にお願いできるわけもなく。

役員になるのはイヤだけど
一回はしなくちゃいけないからやります、と
なんとか引き受けてくれた人に
「やってよかった、思ったよりずっと楽でした」
そう言ってもらえるように
変えてきたつもりなんだけど

人間、楽になればなったで
これならやらなくてもいいんじゃない?
となるのである。
そこらへん、難しい。

広報と学年部だけあれば良い、あとは一日係りのみ、という構想
これを実現するには、まだ時間がかかりそうで
私はもう、タイム・リミット。
来春は子供と一緒に、卒業をむかえる。




No.41 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.04.10  一年生 <<13:42


暖かくていいお天気。
入学式でした。

入学式のあと、恒例の役員決め。
細則を変える昨年までだったら、クラス役員は3人ずつ、
今年は3クラスあるので9人を選出しなくちゃいけないんだけど
細則変更に伴い、今年度は7人選出。
あっという間に決まりました。
私が役員を初めて引き受けた9年前は
クラス役員は5人、3クラスで15人選出だったのだから
いまではその半分の人数でOKとなったわけです。
それでも、6年生になると足りなくなる。

役員決めがスンナリできる学年は問題の少ない学年です。
ここ数年、わりと早めに決まっているので
しばらくはPTAも落ち着いているかな。

これから一年、どうなるだろうか。
何があっても、もう私は卒業・・・。
いけることまでいってきます^^




No.42 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.04.05  はじめの一歩 <<13:40


今日から学校。
朝、早速の登校、作業。
入学式で配布するPTA会則ファイルと総会の案内状をそろえる。
これからの予定を確認、逆算して段取りを考える。
あー、やっぱり4月は忙しいな。

今年度、児童の増加でクラスが増えた。
それを見込んで昨年PTA細則を変えたのだが
はたして上手く機能するかどうか。
クラスがもちあがる学年のクラス役員はすんなり決まるだろうが
問題は、クラス替えがある学年、クラス増のある学年、だ。

以前は各クラスで3人選出、というカタチだったが
年度途中でクラスが増えたり、クラス替えで役員数が偏ったりと
不具合が生じてきたので
学級長だけは各クラスに必ずひとり、その他の役員は学年で定数を選出する、と
いう方法に細則を変更した。
今まで2クラスだった学年では3人×2クラスで計6人の役員だったが
3クラスに増えた場合、学級長3人+定数(学年で4人)で計7人の選出になる。
定数の役員はクラスを超えて選出できる。
A組から1人、B組から1人、C組から2人、という構成でもかまわない。

役員の選出方法で、もうひとつ変えなくてはならないと思ってるところがある。
夜、校外部の旧役員さんから電話。
いくつかの相談をうける。
そこでもハッキリと、「今年は校外さんを変えるから」と答える。

校外部(ほかでは地区役員などとも称される) は今まで地域と密着してきて
役員も町会や親子会とリンクしているところがある。
私はそのリンクをはずし、学校の役員として選出するつもりでいる。
通常のクラス役員と同じ方法で選出することはできないが
親子会や町会に属していなくても、すべてのPTA会員が校外部役員の候補であることを
まずはハッキリと全員で確認したい。
地域とのパイプ役を担う校外部は、ここ数年で急激に忙しくなってきた。
どこの部よりも、学校側が欲している係りである、と私は思っている。
学校にとって必要な係りがいつまでもグズグズな造りであって良いわけがない。
「この一年で、ルールとカタチを作るつもりでいるから^^」
「ああ、私もできるだけ協力します」

新年度の始まりらしい、いちにち。


さくら







No.43 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2007.04.02  着任式 <<05:53



転任されてきた先生方が
初めて登校するときに行われる着任式。
その式の前、ほんのちょっとの時間にPTA代表として挨拶する。
「よろしくお願いします」

短い時間だけど
ほかの保護者の方々より一足先に先生のお顔を拝見できる。
役得のひとつともいえるかな。
名前をうかがって、頭を下げるだけであるが
その一瞬も見逃さない^^
とくに教頭先生に対しては眼光鋭く(?)眺めてしまう。

PTA活動に一番関係するのが
教頭先生。
昨年転任されてきた教頭が一年で異動になり
今年、また新たに教頭がやってきた。
仕事ができる人かどうか
それはこれから。
不安と期待の入り混じった新年度のスタート、である。





No.44 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。