PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2011.04.29  役員を引き受けるのは <<16:29


総会が終わって、PTA役員は卒業である。
一番大変な選考委員長を2年連続でやって、
もーホントにこれで終わりだよー!!って
総会で叫びたかった^^

今回の総務役員の選考にあたって、
私が一貫したことは、「今までとは違う顔ぶれにする」。
長いこと役員をやってると、慣れた部分もできてくる。
活動を円滑にできるという良い点もあるが
それが当たり前になり、改善ができなくなる、と言う悪い点も出てくる。
まったく今まで総務役員をやったことが無い人に
今回は引き受けてもらいたい、と思った。
周囲のいろんな意見も取り入れ、活動がしやすいような人選を心掛けた。

でもやっぱりね、初めて、って人はなかなか引き受けてくれないものよね。
活動は暗礁に乗り上げ、賽の河原のように、積み上げては崩し・・の繰り返し。
でも、粘り強く活動していった。
現在の役員に継続のお願いをするのは
最後の最後、万策尽きたときだと腹を括ってた。
現役員にまず打診しないのか、という声も耳にしたが、無視。
こんな委員長に、委員さんもよく付き合ってくれたものだと思う。
「毎回同じ顔ぶれになると、ますます役員を引き受けてくれる人がいなくなる」
という私の意見に賛同してくれて、頑張ってくれた。

結果、まったく今まで引き受けたことがなかった人たちが
総務役員になってくれた。
「活動しやすいように変えていってください」
新会長にお願いする。
時代や環境が変わってきているのに、
いつまでも同じことをしているのはおかしい。
良いことは残し、さらに改善していけばいいし
悪いことはさくっと残さずにやめてしまえばいい。
それをするには、古狸がいないほうがやりやすい。

長い間役員をしてくれた方々に、新役員が決まったこと、
今回は継続のお願いはしないつもりだったことを報告する。
なかには、続けてやってもいい、と思う人もいただろう。
だけど、結果としてそれは私が拒絶したことになる。
「これからは総務役員ではなく違う役員を引き受けていただければ」
そう話したが、結局、自分から手を挙げて役員を引き受ける人はいなかったようだ。
そんなもんだよね~

役員を引き受ける、というのは、愛があるからだ。
役員に手を挙げる、というのは、勇気があるからだ。
なんちゃって。

愛と勇気、それがあるから、人がついてきてくれるのかもしれないね。


No.205 / なるほどね / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2011.04.29  広報やります <<15:59


息子の小学校入学を機にPTA役員を引き受けて以来13年。
途中、末っ子の幼稚園のPTA会長になったり、
自治会の子供会の会長になったり、その他にもいろいろ引き受けて
8年前からは総務役員なりっぱなし。
小学校で副会長4年、会長1年、中学校で副会長2年、会長1年
自分でもよくやるなー、と思う。
最後の年の会長職を引き受けなくても、
たぶん、広報役員、そしてたぶん広報部長に手を挙げてたろう、と思う。
広報好きなんだよね。

忙しくて大変なところじゃないか、と思われるかもしれないが
形に残る活動は広報だけ。
誰かに考えるきっかけを与えることができるのも、広報だけ。
伝える、ということが好きなんだろうな。
だから、ブログも作っているんだと思う。

結局、総務役員になってからは、広報部に戻ることができなかった。
ところが、先日、青少協で広報誌を出すことが事業案として出てきて
書記さんだけでは負担が大きいので
事業とするからには、広報係りを作りましょう、ということに。
「そんなの、誰もやりたがらないよ。事業にすることはない」
という意見を耳にして、即、手を挙げた。
「私やりますよ」(キリッ)
やる前から、できないよ、って決めつけんじゃないよ。
会社じゃあるまいし。
成果や数字を厳しく求められるわけじゃない。
ボランティアの良いところは、いろいろ試してみても
何も損が出ないことなんじゃないか?
だって最初から何か得することがあって始めるものじゃない。
プロセスと経験が何よりの成果じゃないかと思うのだけど。

まあ、こんな感じで PTA役員は卒業したけど
なんだかんだで、まだまだ地域とのつながりは残っていくのである。


No.204 / どうしよか? / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。