PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.03.10  来年度も続く <<14:40


今年度最後の運営委員会も、無事終わり。

来年度の役員への引継ぎを充分にするように念を押した。

PTA活動は、一年周期。

役員に慣れて、良いところ悪いところが見え出した頃に、年度末をむかえる。

そしてリセット。

経験者がいる部署は幸いだが

まるきり「初めてです」という人ばかり、しかも勤めのある人ばかりだと

俄然、総務本部の負担は大きくなる。


それでも、役員を引き受けてくれる方はありがたい。

できないことはできないのだから、活動内容を変えていかなくてはならない。

例年通りとか、前の年と同じようにとか

そんな工夫の無いことでは、活動がやりにくくてしょうがないのだ。


最後の運営委員会には、お茶菓子が出る。

それを食べながら、一人ずつ、感想を言ってもらう。

最初の運営委員会でカチコチになっていた役員さんたちが

にこやかに経験談を語ってくれている。

それを見ると、今年も良い活動ができたなぁ、と思う。

たくさん意見が出て、皆で考えあった良い委員会だった。

ただの「報告会」ではない運営委員会。

どこかの部署から、問題点や提案が出る、そのときが変化のチャンスだ。

「とにかくやってみる。ダメなら変える」

私の一言に、大きくうなずいてくれた昨年の委員会の役員さんたちを思い出す。

今年度、活発に新しい試みを実行できたのも

少しずつではあるが、ここ数年の積み重ねの成果があらわれているからなのだ。

いきなりの変化は大きな反発を招く。

悪魔のように繊細に計画し

実行するときは天使のように大胆に。


さて、来年度はどう動こうか。

新しいPTA会長をどう支えていくか、そこも問題だね。










No.103 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ベルマークの収集を変える 3 / Home / 久々に吼える →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。