PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.07.06  学校評議員 <<17:27




学校評議員なるものになったので
今日は、会議に出席した。

学校評議員とは、地域や社会に開かれた学校づくりをするために
校長が、学校外の意見を聞くためのもの。
町内会の会長や、地域で子どもに関わる仕事をしている方など
教職員とは違う立場で学校を見て意見を述べる事ができる人に
教育委員会が委嘱するものである。

そこでも防犯や地域との交流のことが話題になった。
自治会のまつりや行事に、子どもが参加しなくなったとのお話だった。
最近の子どもは忙しいのか、部活に縛られているのか、と
自治会会長さんが嘆いていた。

防犯の始めの一歩は、まずお互いが顔見知りになることから。
顔の知らない人から話しかけられるのは、恐怖を感じることもあるだろうし
顔の知らない子どもに、うっかり注意もできない。
そう考えて、収益だけが目的ではなく、学校でのバザー開催も考えてきたし
学年活動などの交流活動を重視してきた。
地域の交流や連帯なくして、快適な子どもの学校生活はありえない。
門を作ったり、施錠したり、環境整備は必要だが
最後はやはり、人が人を支えていくのだと思う。
ルールやマナーは、人間同士の交流からしか身につかない。
最近の大人や若者を見て、特にそう感じる。
地域との交流で、もっと子どもは大人と接する方が良いのかもしれない。
もっとも、手本となる大人がダメダメじゃ逆効果だろうけど・・・

学校評議員を、もっと学校側でも活用して欲しいし
うるさい人だと思われるかもしれないが、気のついたことは
もっとどんどん、学校に進言するべきだな・・・と
今日思った次第。
子どもと教師が、安心して学校生活をおくれるように
PTAも地域と連携していかなくてはならないね。





No.148 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 毎年思うこと / Home / やることはやる →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。