PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.07.06  親を知ればクラスも見える <<17:15




春休みが終わるとすぐに、一年生の入学式である。
一年生のPTA役員は、入学式に決める。
引き受けてくれるかどうか、事前にアンケートを取っておく。
その場で立候補者がいないときは、そのアンケートをもとに
「どうでしょうか?」とすすめていくのだ。
これは、総務本部の役員の仕事のひとつでもある。

ところで、PTA役員の引き受け率はその年によって異なる。
すんなりと決まる年もあれば、なかなか決まらず難儀する年もある。
そして、難儀した学年は、どこまでいっても役員決めのときにもめる。
学年だけでなく、クラスにも言えることなのだが
PTA役員への関心度は、同時に、
学校への関心度、子供への関心度とも言える。
役員決めに難儀するクラスや学年では、子供が荒れる傾向がある。
理屈ではなく、これは経験則、なのだ。

昨年はすんなりと役員が決まって、楽だった。
今年の一年生はどうだろうか。
この親にしてこの子あり、はPTA役員の世界でもありうること、なのである。





No.153 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 広報紙審査 / Home / 役員を決める難しさ →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。