PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.07.06  変革 <<17:12




この2年間、続けてアンケートを取り、
役員になることの負担感をなくすには
長期間拘束される通年役員を減らし、短期参加であるお手伝いを増やす
ことだと感じ、機会があるごとに少しずつお手伝いの方へ仕事を移してきたが
来年度には、2つの部を統合して1つの部にし、役員数を減らす。
現状維持を望む声はもちろんあるし、変化に対しての不安は当然起こる。

私がなぜPTA組織を変えることを目指しているか。
それは最初にPTA役員になったときの理不尽さと
選考委員会での圧倒的なプレッシャーをなくしたいからである。
変えたいという気持ちはたくさんの人が抱いていても、
反発するチカラに流されてしまう、という構図を
幼稚園のPTA会長のときにも味わったし、
時間をかけて段階を踏んでいかねばならないことも、充分承知している。

だが、変えるという気持ちがあるときに足踏みしていては
いつまでたっても変わらない。
例年通りにしていれば失敗は無いだろうが、進歩もない。
たとえ失敗しても、また次の年に変えてゆけば良い。
この一歩を踏み出す前にあれこれ考えていても
踏み出さなければ、それは結果として見えてこない。

というわけで、変えてみる。
やっぱりだめだったね、それでも良い。
他の人が重い責任を感じるようなことも
ぐうたらな私には、たいしたことではない。
しょせん、PTAはボランティアなんだから
自分たちの都合に合わせてやってかまわないものなんだから。

会長でいる間に、何が起こるだろうか
一年で終わんないつもりでいる自分に
ため息ついていたりする。



No.155 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 役員を決める難しさ / Home / なかなか通らぬ要望 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。