PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.07.04  PTA役員を引き受けるのは <<07:57




なぜにPTA役員をそんなに引き受けるのか?

PTAは、ボランティアである。
できる人が、できることを無理なくする
それがボランティアとしてのPTAの姿であるべきだ
と、思っている。
だから、本当は
子どもひとりにつき役員を一回は引き受けるとか
不公平にならないように、全員がなんらかの形で参加するとか
そういうことを取り決めにはしたくない
と思っている。

しかし、現実として
活動をしてくれる人は決まっていて
何もしない人は、延々と
そういう人の善意におんぶし続けている。
これじゃ
やる気持ちがあって頑張ってる人も
嫌になっちゃうよね。

ボランティアの気持ちは
強制的に起こさせるものじゃなくて
感謝の心から自然に芽生えるものだと思う。
何かで恩を返したい、そういう気持ちが
誰かに何かをしてあげたい、という想いになる。
そういうことをまったく感じない人もいる。
感じていても、訳あって何もできない人もいる。

私が引き受けているのは
気持ちがあっても、できないという人の分
私はできるから、やりましょう
そういう気持ちでいるからであって
好きだからとか
そういうのじゃないんだよね。

だから、できなくなったら
あっさり断る。
他の人が困ろうがどうしようが
できないんだから、しかたない。

PTAはボランティアである。
だけど、誰かの善意にだけ
偏って頼る事はいけない。
気持ちと、実際の活動の
どこかに線を引かないと
何かが犠牲になるだけだから。

何でもハイハイ受けてるわけじゃないよ。
何と言っても、基本は面倒くさがりだからね^^






No.159 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 銭湯のススメ / Home / 家庭で →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。