PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.07.04  地域と二人三脚のはずでしょ <<07:50




先日、学区内の民家に
鋭利な刃物で首を切られたニワトリが
投げ込まれた。
その御宅の方は、近所に変質者がいるかもしれないと
学校に連絡をしてくださった。

小動物に残酷な行為をする者は
それがエスカレートして
人にも同じ事をする可能性がある。
この方の情報は、とても重要で見過ごす事ができないものだと
私も、PTAの役員さんも思った。
だが、学校の先生はちょっと違ったようだ。

警察から連絡が来ないと
注意を促すプリント類は出せません、、と
とりつくしまのない応対だったという。
正式に警察からの連絡が来ないうちは
いたずらに恐怖心をあおるだけ、という理屈はわかる。
だが、全校生徒に注意をうながすだけが
防犯なのだろうか。
地域のなかで、どんなことが起きているのか
把握していることが、防犯の第一歩だと思う。
貴重な情報に対する感謝の態度を示すことができないのだろうか。
せっかく教えてくださったその方は、気分を害されたらしい。

地域との協力で子供を守る、と
言葉ではなんとでも言える。
周囲に頼むことだけをして、
学校側は地域に歩み寄ることが無いのでは
信頼も協力もへったくれも無いのである。

ちょっと最近、姑息に手を抜きすぎるんじゃありませんかね?





No.161 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 家庭で / Home / 菓子屋の閉店 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。