PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2005.07.04  学校のトイレ <<02:05




今年度初めての試みで、学校のトイレを掃除した。
トイレ掃除は、毎日子供たちが行ってはいるのだが
子供の手では届かないところや
気のつかないところもあるだろう、、ということで
主婦が一度、細かいところまで掃除してみよう、という事になったのである。

学校のトイレは汚いというのが、おおかたの子供たちの意見だ。
暗い、汚い、クサイ、極力行きたくない場所
一度汚れてしまった箇所は、綺麗になることはなく
粗末に使われたまま、汚れがひどくなる悪循環が始まる。

うちの学校には、生徒数400人ほどの規模に、11箇所のトイレがある。
児童数が多いときに作られたので
今では、明らかにトイレ数が多い。
それを、掃除時間内に、子供たちが掃除するのである。
掃除が行き届かないのは当たり前なのだ。
今回、実際に掃除をしてみて、
掃除用具が古く、使えないものが多いことがわかった。
大人でも使いにくい用具を、子供が使いこなせるわけがない。
他のものにPTAのお金を使うよりまず、
トイレの掃除用具を充実させるのが先だ。

また、今学期一部のトイレが改修され、ガラスコーティングの床となったのだが
これは、こすると傷むということで、「掃除はこすらないように」する。
が、掃除してみた方は 「こすらなきゃ、汚れはとれない」 と嘆いていた。
できない掃除を、子供に要求しているのである。
ガラスコーティングの床を維持するために、汚れを取らないでおく?
掃除とは、清潔さの維持とは、そういうものなのか?

学校のトイレにペンキを塗って綺麗にしたPTAもある。
うちはそれよりはまず、掃除から、、だな。
掃除をすることで、学校のトイレの実情を保護者が知ることから、だ。
今回の試みはとても実のある体験になった。
掃除を担当してくれた部は、一学期は家庭科室、今学期はトイレ、
そして三学期には 卒業式前に、体育館の掃除を予定している。
一日お手伝いで、最低人数を確保しているほか、当日のボランティアも
その都度募っている。
子供が気持ちよい環境で学校生活を送る事ができるように
というのがPTAの趣旨であるならば、
この部の存在意義はまさに、その趣旨にかなっているものであると言える。
やってることは地味かもしれないけれど、大事な仕事だよ。うん^^



No.171 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 親業講演会 / Home / 通学路に信号機を →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。