PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.10.18  子どもとネット <<08:31



携帯電話と子どもについての講演を聴いた。
ネットにアクセスするときに使う機器は
PCではなく、携帯電話が増えてきている、とのこと。
アクセス制限などの対処することなく
持たせっぱなしの親が多いので
犯罪に巻き込まれたり、心を傷つけられたりする子どもが
増えてきている。
メール、掲示板、チャット、プロフ、・・・
匿名の裏側に潜む危険に
子どもたちはあまりにも無防備だし
親も把握や、理解をしていない。

「携帯電話を持たせるときには管理、制限をすること。
ルールを決めたら、口約束ではなく、文書で約束させること」
もちろん、文書には署名させて、とっておくことが望ましい
と、講師の方は結んだ。

我が家は携帯電話ナシの一家だ。
高校生の息子は、「俺ひとりだけだった、学校で持ってなかったの」
と言うし、中学生の娘は携帯電話をほしがっているが
両親が持っていないので、強くは言えない。
PCの使用には、厳しくルールを設けている。
小学生の末っ子はネット禁止。
中学生はメールのみ。
高校生からは解禁である。
PCは茶の間に置かれ、常に皆に見られている。
大人がいないときには、電源を入れてはならない。
これを破ると、二度とPCには触らせない、ということになっている。

なぜ我が家のルールが厳しいのかというと、
子どもにどうネットを扱わせるか、
私はこんな風に考えているからだ。
-------------------------------------------------------------

【インターネットと子供】 (2005.1.28 SOFIA_SS)

インターネットを子供にどう扱わせるか
いろいろな考えがあると思うが
私の見方はこんな風。
どの考えが正しいとか悪いかとかは決められない。
ただ、もしも迷っている人がいるのなら
参考までに、どうぞ^^




なぜ、子供は車に乗ってはいけないのか?
法律で定められているから?
なぜ年齢制限の法律があるのか?
車は、子供が運転するには危険だから。
たとえ体格が大人並でも、運動神経が発達してても
交通法規を覚えられるほど賢くても
子供は、車の運転はできない。
それは大人の持つ判断力、責任能力が欠けているから。

インターネットを車の運転にたとえるのは乱暴すぎる、という方には
私の考えを理解してもらえそうにない。
確かに事故が起きても、大怪我をしたり
命を落とすようなことは無いかもしれない。
だが、それは目に見えない傷なのかもしれない。
その場ですぐに手当てができるものではなく
時間がたってから、手当てを必要とする傷かもしれない。
車の事故を起こした時、子供では対処ができない。
こちらは交通ルールを守って安全運転をしていても
むこうからぶつかってこられることもある。
インターネットでも同じ事が言えないだろうか。
大人でさえ、パニックになることもある。

インターネットすべてが悪いものでは無いし
使いこなせればこれ以上に便利なものはない。
だが、それは諸刃の剣であって
子供に持たせたまま、放置して良いものでは、ない。
子供にPCを預けるのなら、今何をしているか把握することが大事だ。
公道に出ないで、家の敷地内を車で走らせているような感じ。
そのときにも、決して目を離してはいけない。
最初から最後まで、責任をもって指導しなくてはならない。

車の運転は、子供の頃からやってなくても
教習所に行って学べば、大人になってからでも充分できる。
PCも、子供の頃から使い慣れていなくても
大人になってからでも、学べば充分にでき得るものだと考える。
それでも、インターネットで世界の広さを知ることの大切さを教えたいとか
子供のうちから、インターネットでのエチケットやルールを教えたいとか
そういう確固たる考えを持っているのなら
教習所の教官のように、隣に座ってブレーキをかける用意をしながら
子供に教えていかなくてはならないのではないか、と思う。
理想は高いけど、現実は子供にネットやらせ放題で何しているかわからない、では
親として責任放棄だと言ってもいい。

インターネットでなくても、この世界は充分に広いし
エチケットやルールは、現実の人間と向き合って
身に付けるべきものである。
ネットの世界で礼儀を知らないものは
現実世界でも、礼儀を知らない。

というわけで、我が家ではネットは子供にはご法度である。
キーボードの打ち方やクリックの仕方なぞ
ネットやらなくても、充分子供は覚えられるのである。
携帯電話もそうだが
自分で通信費払えて機器が買えるようになってから
好きなようにやんなさい。
大人になったらね。


【2007.10.22 追記】
コンピュータが連れてきた子どもたち―ネットの世界でいま何が起こっているのか/戸塚 滝登

¥1,575
Amazon.co.jp




No.19 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 小学校の部活 / Home / 子どもの友だち →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。