PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2007.07.01  部の雰囲気 <<07:58



先日、配布されたベルマークのプリントで不備がある、と
一人のお母さんから電話があった。
内容を確認すると問題は無いと思われたが
「例年配布されているベルマークの切り方のプリントがありません」
とのことで、ベルマークの担当の部長さんに連絡をとってみた。
後日再配布します、とのことでその件は落着したのだが
不備がある、と伝えてきた人の一言でとても気になる言葉があった。

「今年度のベルマーク担当の方は、非協力的だそうですね」

彼女はベルマーク担当の部とは、関わりの無い人である。
その人が担当者を 「非協力的」 だと言う、ということは
部内にそういうことを言わしめる雰囲気がある、ということだ。
それが部外の人にも伝わっている、ということなのだ。

ベルマーク担当の責任者は、フルタイムで働いている人である。
責任者になったのは、自分で望んだのではなく
「公平に」 くじで決まった。
土日しか活動できない人であっても
「子供ひとりにつき一回」役員になる、という縛りで
必ず役員を引き受けることになっている。

やりたくない、のではなく できない、と言う人に
「非協力的」というのはいかがなものか。
常々、くじで決めるということは決して「公平」ではない、と
私は思っているのだが
ほかに手をあげてくれる人がいない以上は
くじで決まった担当でやるしかない。
土日しかできない、という人が担当者になったときは
そのほかの部員皆で、仕事を分担して活動するしかないのである。

「なんであの人、出てこないの?」
とケンカ腰で自宅に電話して
結局、感情的に物別れになり
部内での雰囲気が悪くなった部も見てきた。
「いいよ、できることだけで。土日の活動はやってもらうから」
と、皆で分担して協力し
最後まで和気藹々と活動した部も見てきた。
どっちの部で一年間活動したいですか?
そう問われたら答えは決まってる、と思うのだけど・・・

「何か相談事があったら、困ったことがあったら
すぐ連絡してください。ひとりで抱え込まないでね」
ベルマーク担当の部長さんに、もう一度電話した。
部内の雰囲気が悪くなったとき
一番負担が増えるのは部長さんだから。
そうならないようにバックアップをするのが
総務本部の役割だと思っている。










No.26 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← 活動を規制するもの / Home / 学年活動 →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。