PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.08.12  裏金 <<20:23


ニュースでも話題になっている「裏金」。

組織にはつきものなのかもしれないが

うちのPTAにも、それらしきものが、かつて存在していた。


不正な収入ではないのだが

表立って報告されていないお金。

収支決算がキチンとされていれば、存在しないはずなのだが

なぜかお化けのようにフラフラとしているお金。


PTA役員が個人的に使っているのなら

それは大問題になるのだが

そういうこともなく、「何かのときのために」と

温存されてきたお金である。

いや、温存というより、扱いに困っていつまでも残ってきた、というのが正しいかも。

お金は、隠すより、使うほうが難しい。

使ったお金は記録に残る以上、報告しなくてはいけない。

「何かのために」とは言いながら、実際に使うときには

「どこからこのお金は出てきたの?」と指摘されてしまうのが、「裏金」である。

それが問題になるので、長い間手をつけられてこなかった、というのが本当の理由だろう。


そういう「へそくり」があってもかまわないじゃない、と思う人もいれば

明朗な会計を望む人もいる。

数年前、このお金をなくそう、と会計さんが頑張った。

講習会の謝礼、車代などの心付けのように、領収書の必要のないものにしか使えない。

少しずつ切り崩していき、ようやくなくすことができたときには

「肩の荷が下りて、ホっとした」心境だったことだろう。


自分の任期が終われば、あとはどうなっても、、という人もいる。

後々のことを考えて、がんばる人もいる。

PTA活動はボランティアであり、個人の考え、やりかたを統一することは難しい。

だが、もしも自分が、その「後々」の役員に当たってしまったら?

先輩に感謝するか、憤慨するか。

「裏金」は、そのPTA組織のありかたのひとつの顔でもある。





No.74 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← よっしゃ、2学期 / Home / 暑中お見舞い申し上げます →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。