PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.06.23  PTAとは <<08:10


PTAとは、P=parent(親)、T=teacher(教師) の A=association(会)

「親と教師の会」の略です。

先生方も、PTA会員であり、PTA会費を払っています。


うちの学校のPTA会則には

『この会の会員は、本会の趣旨に賛同する本校児童の父母又はこれに代わる者

及び教職員によって構成され、全て平等の権利と義務を有する』

と書かれてあり、保護者と教師が平等の立場で協力し、

家庭と学校での児童の幸福を図る活動を行うよう、定められています。


一方、中学校の会則では、

『本会は次の会員で組織される。

1、本校生徒の父母、またはこれに代わる人 2、本校の職員』

と、あっさりとした表記になっています。


「PTA」と「保護者の会」の大きな違いは、教師が会員であるかどうかだと思います。

それによって、活動内容も変わってきます。

たとえば、学校の人事管理に干渉するような活動は、PTAとしてはできません。

たぶん、多くのPTAの会則、規約に定められてあると思います。

PTA会員に、人事管理に直接関係する教師がいる限り、それは無理なのです。

問題のある教師に対してのクレームや教育委員会に働きかけるときは

「PTA」ではなく、「保護者の会」として動く必要があります。


組織である以上、いろいろな制約があったり管理運営も面倒なところもありますが

「PTA=ぱっと遊ぼう、でまいりましょう♪」

と、地区の懇親会で挨拶されてた方の言葉が印象的でした^^

所詮はボランティアなのですから、思い詰めず、イヤなことはどんどん変えていって

楽しくいきたいものです。

で、うまい酒を飲む、、と。(結局これに行き当たるのね)



No.83 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← CAPの参加者を増やさないと / Home / カウント →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。