PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.06.20  どうしたいの? <<01:50


教頭にクレームがきたらしい。

「らしい」というのは、直接、教頭から聞いたわけではなく

その話を聞いた副会長から、又聞きしたからだ。

クレームの内容は詳しくはわからない。

他の学校では呼び方が違うと思うが、

「係」、「一日お手伝い」、「一人一役」、・・・通年役員ではない担当についての

ものだったようだ。


なぜ、通年役員以外に、「係」が必要なのか?

通年役員の負担を減らすためであり

役員がいるからいいじゃないか、という「お客様」な親の意識を

変えるためでもある。

毎年、通年のPTA役員を引き受けてくれる方が減ってきている。

通年役員の大きな負担を「係」で分散させなければ

専業主婦の少ない今では、PTA役員のなり手がいなくなってしまう。


役員もイヤ、係もイヤ、

ではどんなカタチならPTA活動に参加できるのだろうか。

それともPTA活動にはまったく参加しないつもりなのだろうか。


PTAはボランティアだから、イヤなら参加しなくても良いのは確かだと思う。

私はよく「PTAなんて、なくなってもいいんじゃない?」と言うのだが

保護者のボランティア意識が低い学校だ、というだけの話なのではないだろうか。

「それでいいのか?」「なくなったら困るでしょ」

という声は聞くけれど、実際に活動してくれるかどうか

それは、まったく別な話になってしまうようだ。


「係」活動について、必要性とかの説明が必要ですね、という副会長からのメールに

「それよりも、どうすれば参加しやすいのか、逆にきいてみたらどうだろう?」

そう返事した。




No.85 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← カウント / Home / 雨にも負けず →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。