PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2006.04.17  さて、事業方針案 <<14:20


入学式に回収した、1年生で役員ができるかどうかのアンケート。

「父子家庭で、すべてにおいて無理です。できません」

役員をできない理由に、そう書いてあった。


母子家庭のお母さんで、それを理由にして役員を断っている人は

あまりいない。

立場としては同じなのだけど。

父子家庭にしろ、母子家庭にしろ、役員を引き受けるのは大変なことだ。

私はそれを責めるつもりは無い。

どんな家庭であろうと役員を引き受けられるようなPTAを目指したい。


前PTA会長は、父子家庭だった。

忙しいなか、4年間頑張ってくれた。

だけど、それを引き合いに出して、「だからできないわけが無いでしょう」

そう言うことはできない。 絶対にしない。

役員活動を楽にしようとすると

「私たちのときはもっと忙しかった、大変だった」

「でも、それがこの役員の仕事でしょ」

そう言って、自分たちのときと同じような活動をさせたがるOBがいる。

前例は唯一の例ではないのに、それを引き継がせようとする。

負のエネルギーのリングは断ち切りたい。

誰にでもできるような活動を目指す。


「無理です。できません」

そう言う方に、何かしら子供のための活動に参加してもらいたい。

「こういうことなら、できますね」

そう言ってもらえるよう、少しずつでもPTAを変えていく。

それが、私のPTA役員としての活動だと思っている。




No.95 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

← ひと区切り / Home / いつか大きな事故が →

Comment Post


Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

TB*URL  
 Home 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。