PTA日記 Pot Tea
PTAにまつわる話しを お茶でも飲みながら


プロフィール


sofia428pta

Author:sofia428pta
PTA役員卒業。



いろいろなPTA役員を経験してきました。

PTA活動を通して、自分が感じたことをここで書いていきたいな、と思います。

また、ここでいろんな情報を得ることができたら良いな、と思っています。



最近の記事




最近のコメント




最近のトラックバック




月別アーカイブ




カテゴリー




ようこそ




カレンダー


05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


ブログ内検索




リンク



このブログをリンクに追加する

--.--.--  スポンサーサイト <<--:--


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


No. / スポンサー広告 // PageTop▲

2009.04.16  大丈夫 <<21:15


保護者会で決まったクラス役員が集まり
部長を決める。
これが一番大変で、疲れる作業だ・・。
できれば、「長」のつくものは皆避けたい。
だから、延々エンドレス。
結局、くじ引きになるのだが
物理的に引き受けられない人に当たっても
「公平」なんだよね。

今年から、運営委員会が日曜になり
「仕事で出られません」は、理由にはならなくなった。
部長は、月に一度の運営委員会に出なくてはいけない。

『平日は動けないので、運営委員会には出ます、
が、「長」はつくからといって、責任をとる立場では嫌です。』
と、くじ引きで当たった人が尻込みする。

部長だけが動くんじゃなくて、手のあいてる人が
動けばいいのでは?
だったら、「長」は運営委員会に出る係と割り切って
部内で仕事を分担すればいいんじゃない?
なかなか話が決まらない部に助け舟を出す。
「それで大丈夫でしょうか?」
昨年の部長が不安そうに言う。
部長は名目だけ、ってことだもんね。
活動ができるかどうか心配にもなるはず。
「大丈夫ですよ^^」
と言うと、たまたまその部の役員になっているPTA活動のベテランが
「sofiaさんが大丈夫と言ってるんだから、大丈夫でしょ!」
と、話を早く切り上げたいのか、言った。

ちとカチンときたが
それでなんとなく皆納得してたようなので
まあ、いいか。
PTAなんだもの。
よっぽどのことがなきゃ、大丈夫。





No.193 / 未分類 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2009.03.07  次年度への決意(?) <<16:40


3月、最後の運営委員会はなにごともなく終了。
毎度この時期になると、
反省として役員決めの方法の改善が言われるのだが、
名案はでてこない。

そんななか、PTA総会と、役員決めの保護者会を
一緒の日にできないかという意見がでた。
2週続けて平日に学校に出向むくのは
ちょっと・・・という話である。
最初、それはできないと主張した教頭だったが
「たしかに時間はタイトですが」
と、私が具体的に時間を割り振ってみると
「ああ、、できないことはないですね」と、うなずく。
鍵は、保護者会での役員決めを
短時間でできるかどうか、だ。

中学になると、保護者で働いてない人のほうが珍しい。
なので、皆PTA役員はパスしたい。
役員決めの保護者会を欠席すれば
(ほぼ)役員にならずにすむ、というシステムなので
保護者会に出席するのは
かつて役員をしていて、「もうやりましたから」と断れる人がほとんど。
不公平だよなあ。

子供が在籍する間に一度は役員をする、というルールにするか。
ボランティアの場合、半強制的な部分がないと
活動は続かない。
通年役員を引き受けたら、その旨内申書に表記する、というのがあれば
やる人増えるかもしれんけどな。

にしてもである。
「役員決めを短時間でするには根回しが必要ですね」
「先生に電話していただければ、比較的決まりやすいのですが」
「いや。それはできません」
と、教頭。
「PTA役員のことは親の責任でなんとかしてもらいたい」

言ったな、と思った。
その言葉そっくり後で返してあげます。
PTAは親と教師の会。
PTA役員を決めるのを親だけでやれというのなら
親は親ができることだけをさせてもらいますよ。
だいたいこの教頭、PTAは教師とは別物と考えている。
PTAのことは役員同士で話し合って決めて欲しいと
赴任最初の時に私に言って
怒りをかった方である。

保護者は自分の仕事、家庭のかたわら
ボランティアでやってることを忘れないで欲しい。
親だから、って意見なら
教師なんだから学校のことは先生がしなさいよ
という理屈で返されたらどうすんでしょうか。
たく。

次年度、役員が決まらなかったら
もう年度内はそれでいく。
と、私(だけ)の腹は決まった。
定員割れがあってもしかたないじゃんか。
すべての活動に協力なくして
成立はありえない。
PTA役員決めに教師の協力が得られないのなら
それなりの活動をさせていただきます。





No.192 / 未分類 / Comment*2 / TB*0 // PageTop▲

2009.01.26  さて、と <<02:16


土曜日は休日のはずなのだが
仕事内容が相手次第、というものなので
休日返上で仕事することが多い。
今、PTA運営委員会は月に一度土曜日に開かれている。
土曜に仕事している人はわりと多いみたいで
役員選考の候補者のなかで、
土曜日に休めないから、という理由で断る人もいたらしい。
だったらさ
「運営委員会の日を変えて日曜にしない?」
総務会で提案すると、一瞬一同が息を呑む。

「それは・・・」
「そうなったら、私も助かるけど」
「学校の都合次第かなあ」
「日曜は休みたいって人もいるかも」
「土曜の行事には出られないって前提にならない?」
ま、とにかく学校側の話聞こうよ、と
役員選考委員長と、校長・教頭に話をききにいく。
「日曜は部活で学校もあいてますし、大丈夫ですよ。」
「先生も出席できますか?」
「それはしかたないですね。PTAの都合でそうなるのでしたら」
さすがは中学校。日曜も大丈夫みたいだ。
次回の運営委員会で日曜開催を提案(というか事後報告?)する。
次年度からなので、今の役員さんは意見のみきく、という感じになるかな。

「運営委員会のひにちは変えられないと思ってました」
役員選考委員長がビックリした口調で言う。
「自分たちの良いように変えていかないとね」
いや、自分【たち】、というより、自分のため、なんだけど(^^ゞ

この日はもうひとつ、今まで慣例となっていた役員表彰をやめることにした。
小学校では、役員の表彰は会則になってたが
中学校ではキマリはなく 今までやってきたから、てことで続いてたらしい。
昨年度、どういう規定で表彰するのか話題になり
結論出ないまま、持ち越しの議題になったそうなので
「じゃ、これを機会にやめますか」
と私が言うと、
実は面倒なのよね・・
無くてもかまわないんじゃない?
表彰してほしくて役員やるわけじゃないし
等々、話が盛り上がる。
「でも、今回でやめる理由を何て説明したら良いのかしら」

「PTA会費を値上げしないための経費節約、で良いと思うよ」
私の言葉になるほど、と納得。
実は次回の運営委員会のメインな議題がPTA会費の値上げについてだった。
大義名分は考えれば必ずある。
その気にさえなれば。
それで納得できて次にすすめるのなら良いんじゃないかな。

次回の運営委員会から私が司会する。
議題は多いが、一時間内で終わらせるようにするよ。


No.191 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.11.22  そろそろ役員選考時期 <<08:25


地域のPTA行事に参加したら
卒業した小学校の教頭先生に呼び止められる。
「そろそろ、次期総務の選考なんですが・・」
そうだ、そういう時期だよね。
「今年で任期の終わる方に、もう1年やっていただきたいと
思っているのですが・・どうでしょうか」
その方のお子さんは来年6年生で
あと1年在校するから、もったいない、ということらしい。

総務の任期は2年。
2人いる役員は1年ずつずれて選考されている。
1年目の方は2年目の方に活動を教えてもらい引き継いでゆく。
この2年サイクルが崩れるとどうなるか。
もう1年役員を続けた方が卒業するとき
もう1人の役員も同時に任期を終える。
そうすると経験者がいちどきに2人いなくなり
新しい役員を2人選考しなくてはならないし
引継ぎも行われなくなってしまうのだ。

「次の年が大変になるので、新しい役員さんを選考したほうが良いですよ。
もう1年あるのでもったいない、と言うのなら
経験者ということで正式なポストではなく
顧問のような形で、関わっていただいたらどうでしょう」
「あー、なるほど。
役員を3人体制にするには、
また細則改正しなくちゃいけないですしね」

誰かいい人いないですかね
と問われて、その場は笑って首をかしげたけど
私が委員長なら、今の書記さんを推薦するな。
経験者というのは、大事なのである。



No.190 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.11.02  構想 <<17:49


そろそろ、役員の決め方を改善しないと
やってくれる人が本当にいなくなるんじゃないかと思います
と、広報委員長。
たしかにそうなんだけど
じゃどうしたら良いか、という具体的な方法になると
誰もが面倒だと思うんだよね。

小学校のPTAで部をひとつ減らすことができたのも
5年間総務をしてたからであって
中学校の短い時間ではちょっと難しい。
だけど、誰かが提案、発信しないと
いつまでも現状は変わらないのだよね。

「sofiaさんが小学校で改革してくれて、すごく役員活動が楽になったんですよ」
中学の運営委員会でも一緒になってる人が言ってくれた。
とても嬉しかった^^

構想はだいたいできている。
まずは仕事量を減らす事。
都合の良い日時に参加しやすいこと。
できればシビアにポイント制を導入すること。

最低限必要なことにはPTAは動くけど
「これもやってほしい」的なことは一日手伝いが担う。
学年、広報、文化厚生、環境の部のうち
文化厚生と環境を統合し、短期行事部にする。
短期行事部の役員は一日手伝いの仕切り役をする。
行事ごとに担当を決めれば、部員全員が動く必要はない。
一日手伝いは保護者全員が登録する。

一日手伝いは1ポイント
役員は2ポイント
委員長は3ポイント
子供ひとりにつき、3ポイントを卒業までに取得するように
PTA活動に参加する。
4ポイント以上取得した人は
兄妹がいる場合には持越しができる。
一人っ子で4ポイント以上取得した人には
報奨金が出る。

たとえば、子供二人いて上の子で一年役員をして
次の年に委員長になった場合
合計で5ポイントなので
下の子では残り1ポイント、一日手伝いを一年することになる。
PTA活動には子供単位での登録になるので
保護者は母親父親どちらでもかまわない。

この構想にどんな問題点があるか、落とし穴はどこかを
これから考え、来春には運営委員会に提案したいと思ってるところなり。


No.189 / どうしよか? / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.10.04  前年に同じではなく <<17:29


中学校は3年。
小学校に比べて、役員になる機会は少ない、
はずなのだが子供が大きくなると
本格的に働き出す人も増えるのだろう、
やはり役員になってくれる人は少ないし
同じ顔ぶれが何年も続く。

役員の決め方について、広報紙で特集を組むらしい。
アンケートに答えながら、
たとえ決め方を変えたとしても
役員になって実際に活動できない人ばかりじゃ
改善とは言えないなあ、と思う。

じゃあどうするか、といったら
参加しやすい内容と日程にするしかない。
「実は土曜も仕事なんです。
来年はきつくなりそうです」
と、申し訳なさそうに言う役員さんの話しに
もっと簡単にPTA活動ができないかどうか
そろそろ、私も考えなくちゃいけないかなあ
なんて思ったりした。


No.188 / 未分類 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.09.01  楽してます <<18:54


夏休みがあけて
すぐ行われるのが体育祭。
小学校の運動会と違い
準備はPTAではなく生徒がしてくれるので
とても楽^^
それでもやはり、保護者の駐車には目を光らせる。

駐車警備の部署から
「口頭だと相手の反応が怖いときもある」
と、駐車禁止の立て看板を作って欲しい、との言葉。
え!
無いんかい!
と心のなかで叫ぶ。
小学校ではいくつもの立て看板を学校周辺に置くのだけど・・・
中学校のPTAって
楽なんだなあ。



No.187 / なるほどね / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.06.25  パトロール <<18:54


最近、中学校の周囲に「露出する人」が出現する。
朝の登校時間を狙ってのことで
事情を聞いて現場に駆けつけてみても
すでに犯人は逃げた後。
自転車で移動し、パトロールのいないところで
犯行を繰り返す。
学区が広いので、家の遠い保護者に
現場周辺をパトロールしてほしい、とは言いにくい。
・・・というのは確かにそうだけど
だからといって
現場周辺の保護者、PTA役員だけで頑張るというのは
どうなんだろうかと思う。

現場から遠い家の方は
自分の住む地域周辺をパトロールするのでも良いのでは、と思う。
露出する人がある特定な地域にしか出現しないのであれば
そこを重点的に、分担してパトロールするのがベストだ。
だがそうではなく、相手は神出鬼没、こちらの裏をかいてくる。
だったら相手が移動中に、パトロールの人員が増え、広域になったことを
気づかせたほうが良いのではないだろうか。


やるなら皆で。
それが私の方針。
一部の人が頑張るのでは
負担が大きいし、続かない。

でもね
そうじゃなくて
やっぱり、出没した近辺のPTA役員で頑張る
って考えの人もいるのです。

一年目の私はまだちょっと様子見。
本当に動かなくてはいけないとき
求められるとき
それまでは、他の方のやり方を見守ることにしてます。
仕事もしてるしね。

ちょっと歯がゆく思った今日この頃。






No.185 / どうしよか? / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.05.25  P連 <<01:07


市P連の懇親会。
教育長の挨拶が長い。長すぎる。
例年、「もっと頑張って欲しい」と
PTAがボランティアであることを忘れているかのような
発言をする教育長だが
今年は杉並区の和田中学校がP連脱退したことに触れ
あまり良いことではない、と言った。
なんとなく、いつもよりも弱気な発言。

PTA廃止というのが問題になってるようだけど
代わりの組織があるんだから、構わないんじゃないかと
私は思っている。
むしろ、夜スペにしろ
PTAから地域本部への移行にしろ
「T」、教師はいったいどうしているのだろう?
という疑問が起きる。
どちらも、何もしない(またはできない)教師に
見切りをつけて動き出したことじゃないかと勘ぐってしまう。

学習にしろ、保護者との関わりにしろ
出来ない分を補ったのだから
教師本来の仕事をしっかりしなさいよ
ってことじゃないの?
民間からの校長に
教師の仕事ぶりがどのように見えたのか
興味のある部分だ。

PTAを廃止して、地域本部として動くにしても
指揮系統は必要なはず。
名前が変わっただけで
本来の活動は変わりないのではないかと思う。
P連脱退、良いですねえ
組織が増えれば、係も増える。
P連に加入してどんなメリットがあるのだろうか?
横のつながりが必要なら
P連でなくても
PTA会長会を随時組織してもいいんじゃないか

教育長の長~い挨拶の間、
考えてました。



No.184 / どうしよか? / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

2008.04.27  最後と最初 <<00:03


小学校PTA最後の仕事は
新役員の部長決めと、PTA総会。
例年なら2週にわたる活動だが
今年は中学校と日程がだぶるとまずいので
一日ですませることになった。

朝、卒業して以来久々にPTAのメンバーと会う。
一日の流れと段取りを確認して
部長決めの仕切りを分担。
1時間ほどして、新役員たちが集合。
合同で挨拶したあと、広報紙に載せる写真を撮って
部長決めのために、各部で分かれる。

私の担当は、年度末に部長決めの件で
ちょっともめた(らしい)部である。
公平に仲介することを心がける。
いくつか意見や提案は出たが
いずれも偏っているので、公平に、というスジを通す。
そのためか、特に混乱はなく
スムーズに部長・副部長・書記・会計が決まった。

PTA総会では、4回以上役員をした人に
感謝状が渡される。
今年は4人。
そのうちのひとりが私。
ようやく、いただけました^^

夜は、教職員とPTAの懇親会。
退職された先生が出席してくださっているのに
新しく異動してきた先生がひとりもいない。
どういうこっちゃ?
どうやら、取りまとめの教務主任が
伝えるのを忘れてたらしい。
大丈夫か?この一年・・・

お酒も会話も楽しく和気藹々とすすみ
二次会は全員がそのまま残り。
もっと飲んでいたかったが、翌日は中学校の運営委員会。
自分にしては(!)早目に切り上げ、帰宅する。

次の日の朝、中学校の第一回運営委員会。
緊張した面持ちの2年目副会長。
に比べてノホホン、と私。
「今年度新しく副会長になりました。よろしくお願いします」
と、自己紹介も簡単すぎ。
小学校の会議との違いは
母親達が皆、どっしりと構えてる事。
運営委員会に出てくる方々は、皆、小学校で一度は役員を経験されてるので
おどおどすることなく、堂々としている。

学校もPTAも、どちらも一筋縄ではいきそうにない雰囲気。
役員を減らすとしたら、どの部署かなあ、なんて
思いながら委員会をすごす。
まずは様子見だな。
年間の予定を見ながら
あー、また始まるんだな・・と感じたりして。
まだまだ、PTA日記は続くのであった。



No.183 / 活動始動 / Comment*0 / TB*0 // PageTop▲

<<Prev Home Next>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。